吃音は1:3で女子より男子が多い

どもりは言葉をすらすらと話せない疾患または障害です。

ちょっと前から検索回数が突然に上がっている吃音(どもり)のコメントなどはチェックしていますか。

吃音(どもり)に関しては、注目していたというような人も、いくぶんいるように思います。

という訳で、当方が吃音(どもり)の気になったツイートや書き込みなどを、できる限り共有しようと思います。

吃音は、『どもり』と表現されますが、近年では『どもり』という言い方は、差別用語にあてはまるみなされており周知の場において使われなくなってきています。

吃音における原因はというと児童の発達性のものと、後天的なもの(頭部外傷など)の二通りあります。

吃音の水準や吃音の状態が起こる言い方や状況などには個人差があり色々あります。

吃音の症状は大きく分けて連発型、伸発型、無音型の3つです。

近年はもっと細かく専門化したカテゴリー化が進んでいます。

それから、吃音は1:3で女子より男子が多いとされています。

この現象は、男子より女子が早い時期に胸式呼吸へと変化していく為だとという評価もあるのですが、吃音(どもり)の原因が呼吸法に関係している絶対的な理由を言い切ることは難しいようです。

診断は基本的に吃音の治療をしている言語障害などを治療する言語聴覚士 (ST) がいる耳鼻科の病院の医師が担当します。

治す方法はたくさんありますが、レベルや性別も関係して一概にこれが正解というものは見つかりません。

吃音の治療の中でその方法が本人の相当なストレスを負ってしまう事例もあるようです。

更に踏み込んだ解説は、専門書などでチェックしてみても楽しいですよ。

mrm吃音内容
mrm吃音改善
mrm吃音どもり