吃音とは言葉がなめらかに話すことが困難な疾患または障害

吃音とは言葉がなめらかに話すことが困難な疾患または障害です。

ちょっと前から検索数が気になるくらいに変化している吃音のツイートなどは知りたくないですか。

吃音については、気になっていたというような方も、ずいぶん存在すると思います。

ということで、わたしが吃音の拾ったネットニュースや噂などを、多少なりとも紹介していこうと思います。

吃音症=どもりとも言われているが、近年『どもり』と言うのは、差別用語と同然だと扱われるようになり公的な場所において使用されなくなりました。

吃音の原因はというと発達に関係のあるもの、後天的なもの(頭部外傷など)の二通りあります。

吃音の程度や吃音の状態が起こる単語やシチュエーションには個々で差があって千差万別です。

吃音の症状を大きく分ければ連続型、伸発型、難発の3種類です。

最近では加えて細分化して専門的にした分類が行われてきています。

それから、吃音は女子より3倍男子が多いということです。

この結果は、女子は男子に比べ早い時期に胸で呼吸することに移行する為だという考えもありますが、吃音症の原因が呼吸のシステムにある確固たる理屈を見つけ出すのは困難のようです。

診断は主に吃音の治療をしている言語聴覚士 (ST) を置いている耳鼻科などの医師が受け持ちます。

克服する方法には様々あると聞きますが、タイプや遺伝的なもので違ってあながちこうするのが正しいだと言える方法がないと言えます。

吃音(どもり)の治療においてその方法が吃音に悩む人の結構な負担となりうる事例もあるようです。

より詳しい解説は、書籍などで見つけてくださいね。

吃音改善プログラム口コミ   mrm吃音改善プログラム   mrm吃音

皆が皆、コミュニケーション好きとは思わないで欲しい

私は、人と話すのがあまり得意ではない。

どちらかと言うと、できる限り避けたいタイプだ。

そういう人は、私だけでなく結構いるんじゃないだろうか。

にも関わらず、人類皆友達みたいに話しかけにくる人がいる。

こちらが、迷惑そうにしていてもおかまいなしに近寄ってくる。

毎朝、犬の散歩にでかけるが、そういうコミュニケーション大好き人間は必ずいる。

犬を飼っている人同士は皆通じ合えるとでも思っているのか、こっちが避けていてもわざわざ近寄ってくる人もいる。

困った人になると、私が犬を連れているのを見かけると、散歩のコース上待っている。

そして、自分の犬に「ほら、お友達が来たよ」とか言ってる。

友達になった覚えはないし、なる気もない。

勝手に友達にするのは勘弁してほしい。

いい迷惑ではなく、ただの面倒な迷惑だ。

人には人のライフスタイルがある。

コミュニケーションが好きなら、そういう人と仲良くすればいい。

というより、相手の雰囲気で察知しろと言いたい。

自分のライフスタイルを人に押し付けてくるのは、本当にやめてほしいものだ。